Life is goin' on
ロンドンで暮らす主婦でWebDesigner『juli』の日々の暮らしの記憶の記録
Home Life is goin' on 〜 日々の暮らしの記憶の記録
julism + Life is goin' on julism + Profile
julism + mailbox ポマクリ☆ポメクリ
見慣れたロンドン
丸一日残しておいたので、雨の中、最後のロンドン観光をした。赤い旗

まずはランチにセントラルの『sketch』に行ったのだが
残念ながら日曜日はやっていないらしくて無念の断念。撃沈

ふと思いたって、以前からあれだけ広告を見て名前も知ってるのに
一度も行った事がなかった超有名店wagamamaへ行ってみる事に。



日本人には理解出来ない味と言う噂だったが
特に奇抜な味でもなく、普通に美味しかった。
こんな事ならもっと早く来ておけば良かった。ぶー



食後は学生時代に毎日通ったLeicester Squareを散歩。



二人で向かいのカジノに初めて潜入してみたのだが
独特の雰囲気にゲームに参加する気にはならなくて
コイン式スロットマシンをちょっと楽しんだだけで
あっという間にすってしまい不向きだなと確信する。

外に出るとあまりにも寒くてO'neill'sでホットチョコレートでも。
語学学校のすぐ側にあったから初めて行ったPUBもこの店だった。ビール



飲み物で体が暖まったところで今後の作戦会議をして
シアターにでも行こうかとチェックしたのだが諦めて
ついこの間まで旦那様が働いていたシティへ行く事に。

しばらく来られないので新しい場所へ行ってみればいいのものを
最後に行きたいのは、やっぱり見慣れた景色だったりするもんだ。



残念ながらまたしてもお目当ての銀行博物館は閉まっていたけれど
会社帰りによく待ち合わせをした広場のベンチや路地を改めて辿る。



そして歩き慣れたLondon Bridgeを渡り



見慣れたTower Bridgeへと向かう。



私達への餞なのか、ちょうど橋が開く瞬間に立ちあう事が出来た。ラッキー




以前、旦那様が働いていたガラス張りのビル。
ビルの窓から見る朝焼けは格別だったそうだ。


5分待ちならと最後にテムズ川を走る水上バスに乗ろうとしたが
無情にも途中で表示が代わり寒空の下で20分も待たされるはめに。
そして待ちくたびれてやっと到着した水上バスは通勤仕様の快速。

感傷的な気分なんて吹っ飛ばしてくれるこの仕打ちに
やはりロンドンの交通機関はやってくれるなと苦笑い。困惑

通勤仕様の為に慌ただしく目的地に向かう水上バスの上から
ロンドンの夜景を眺めていると、あっという間に終点に到着。

観光名所の夜景を楽しみながらWestminster Bridgeを歩いて渡る。





シャーロックホームズ柄のタイルがキュートなBaker Street駅へ移動。

今夜はイギリスの伝統的なパブでディナーをするのだ。
ムード満点のパブの中、木べらの番号札で料理を待つ。ディナー



パブ飯はジャンクな印象もあるけれど、意外と美味しかったりする。



通りのビア樽のテーブルとパブの灯りを
名残惜しく見つめたロンドンの夜だった。ポロリ



※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Special | 23:20 | comments(0)
back to page top
ロンドン支所撤収
ロンドンに来て4軒目のこの家には一年半しか住めなかったが
遂に本日をもって我が家のロンドン支社を撤収する事となった。

毎日眺めていたこの景色とも今日でお別れ。ポロリ



私達の荷物のないこの部屋は、ずいぶんとすっきりして見える。



ベランダの植物と幾つかのサボテンは、
次の住人のJeremyに託すことにした。





お世話になったベッドルームもバスルームも綺麗にお掃除済。



大家さんのデズが二人のやんちゃな子供達と一緒にやって来て
部屋の明け渡し作業が完了すると、荷物を持っていよいよ出発。


が、荷物が半端なく多い。唖然


他の荷物は船便で二ヶ月後にしか届かないという特殊な事情の為に
今回は手で運ばなければならない貴重品や書類や壊れ物まであって
しょうがないところもあるのだが、それにしても多過ぎるのである。

巨大なスーツケースと巨大な手荷物を各一個づつにギターを一本。
それだけでも相当な重量で持ちきれるか分からないくらいなのに
IKEAの巨大なブルーバッグにいっぱいの使いかけのガラクタまで。

捨てていけばいいとも思うんだけど最後の二泊で使えるかもとか
もったいないオバケがあらゆる可能性を私に囁きかけるのである。

そんな事情で大量の荷物を汗だくになって運んでホテルに到着。
我が家はいつまでたってもスマートに旅が出来ないもんよのぅ。撃沈

一休みしたら中華の名店『Royal China』でディナー。
今夜はちょっと贅沢に北京ダックなんて食べたりした。



次から次に運ばれて来るお皿をペロリと平らげていく。



最後は海鮮炒飯とマンゴープリンで締めてと。



そういえば最後のお皿をよーく見てみると
さりげなくアヒルの形にくり抜いた人参が
お皿の上に一匹だけ混入していたんだった。
これってサービス?それとも料理人の暗号?

荷造りが終わって業者に受け渡し、部屋の明け渡しも終わって
やっと肩の荷が幾つか下りたので、今夜はぐっすり眠れそうだ。パクッ

※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Special | 23:00 | comments(0)
back to page top
Seven Sistersへ
忙しい作業の合間を縫ってちょっと足を伸ばして
白亜の断崖絶壁が美しいというSeven Sistersへ。GO!

とはいっても、電車に乗ってPink FloydのAnimalsのジャケ写でお馴染みの
Battersea power stationの前を通り過ぎ一時間程で行けるお手軽さである。



最寄りのSeaford駅に到着すると、近所にないMorrisonsを発見し
エコバッグマニア心に火がついて、オリジナルのエコバッグを購入。


あれ、何しに来たんだ? 私。たらーっ




さておき、気持ちのいい秋空の下、少し歩くと海辺に到着。
ポップな色合いが可愛いカラフルな海の家が綺麗に並んでいる。



もう少し歩き進めると白亜の断崖絶壁の下まで到着。青い旗

間違えて落ちてしまう羊がいるという断崖にもかかわらずに
崖の上に立つ旦那様に『もう少しこっち』とか言ってしまい
撮影に夢中な私は旦那様に危険な要求をしてしまっているし。



目的地までは更に丘を越えていかなければならないのだ。プシュー



遠くから見えてはいたものの延々と歩いて
やっとSeven Sistersの全貌に辿り着いた。

空の青と海の青碧に映える白い断崖絶壁が
名前の通りに肩を寄せ合う七姉妹に見える。ポッ



相変わらずの容赦ない冷たい強風に吹かれながら
しばらくその姿を眺めて写真を撮り引き返す事に。



ウォーキングというかプチハイキングというのか
それなりに歩いて小腹が空いたので街のカフェへ。



遅い時間で温かいメニューはもう終了という事で
飲み物とサンドイッチとロックケーキをオーダー。
その名の通り岩みたいな姿の素朴なケーキだった。



せっかくなので少し街を散策するとチャリティショップを発見。見る

旦那様の『一箱や二箱荷物が増えても変わらない』の言葉に
調子に乗って、服やら雑貨を買い込んで更なる荷物を増やす。

満足して駅まで戻ると駅員さんは休憩中らしくしばらく待つ事に。
代わりというワケではないが、ギャラリー案内の人形がポツンと。イヒヒ



海からの帰り道のちょっとだるく寂しい気持ちで景色を眺め
Battersea power station の前を通り過ぎたらもうすぐ家だ。家



※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Special | 23:56 | comments(0)
back to page top
さらばロンドン
最後に更新をしてから今日で一ヶ月と二十日。
忙しさに風邪を治す暇もなくその間ずっと風邪引きっぱなし。ムニョムニョ

そして世界の金融の崩壊と共に我が家の情勢も
あれよあれよとめまぐるしく変わって行って
なんと突然ながら日本に帰国する事になった。びっくり

まずは9月の半ばから二週間程日本に一時帰国をしたのだが
その間に帰国が決定し9月末にロンドンに戻って来てからは
英国撤収の作業に追われて明後日にはこの家を退去する。家

そんな状況ながらも最後のあがきでパリに行ってみたり
今まで行きもしなかった国内のOne Day Tripをしてみたり
はたまた引越しセミナーに行ってみたり帰国売りをしてみたり。イヒヒ

もちろん引越しは自力でパッキングなので
毎日、箱と荷物と格闘しながらなんだけど。唖然


超激務ッス。プシュー


そんなこんなでこのところかなり内容の濃い数日間を過ごしているので
いろんな事があっていろんな事をしていろんな書きたい事はあるのだが
今は昨日の記憶もなくなるくらいにやるべき事がてんこもりで忙しい。撃沈

なので最後の二ヶ月の事は後で思い出日記として記す事になるだろう。
それまでちゃんと覚えていられるかな。写真があるので大丈夫かな。ふぅ〜ん

なんだか今も風邪引きで疲れていて意識が朦朧としてて
うまく頭の中で言葉をまとめられないのだけれど。


さらば愛すべきロンドン。ポッ



とだけ、今ここロンドンの自宅にいる間に記してみる事にする。ポロリ


英国のみなさんお世話になりました。どうもありがとう。青い旗
日本のみなさんこれからもよろしくお頼み申し上げます。赤い旗
juli | Greeting | 22:49 | comments(4)
back to page top
お別れのディナー
銀行の解約なんかを済ませていたら遅くなってしまったが
今夜は慣れ親しんだKilburnのMaria宅でお別れのディナー。

5年前にロンドンに来たばかりの頃に初めて住んだ家がここで
同世代のDora&Chris夫妻と4ヶ月を過ごしたのがここだった。

違う国に来て、フラットシェアという形ではあったが
初めて家族以外と暮らした貴重な4ヶ月だったと思う。

その初めての経験でこんなにいい人達に巡り会えたのは
つくづくラッキーな事だったのだとしかいいようがない。

この家を引っ越してからも、旦那様はChris(夫)と私はDora(妻)と
どう考えてもすごい稀な確率での信じられない様な偶然の再会をしたり
しばらく会わない時期があってもなんだかんだと縁を感じる夫婦だった。

そして残念ながら当時、病気療養中で入院していたMariaだが
その後、不死鳥のごとく回復し、一緒にお買い物に行ったりと
好奇心旺盛でパワフルな年の離れた良き友人になってくれた。

ロンドンではこの3人に出会えて本当によかったと思う。ニコニコ

今夜はDoraが作ってくれた美味しいお料理が
この家に住んでいた頃に私のお気に入りだった
色鮮やかなスペインの皿に盛りつけられている。



昔の笑い話や帰国する事になった経緯や最後に行っておくべき場所や
いろんな事をお喋りして写真を撮ったりして楽しい夜が更けていった。

※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Special | 23:53 | comments(0)
back to page top
現実逃避のパリ旅 day4
帰りの支度を済ませてホテルに荷物を預けて
お目当ての雑貨屋さんに行く為に降りた駅で
通勤前のパリっ子達に混じってデリで朝ご飯。

パリはどこで何を食べてもハズレがなくていい。モグモグ



雑貨屋さんでアロマを物色したりキノコのオブジェを入手したりして
ふと見ると道の先にコンコルド広場が見えたので行ってみる事にする。



あまりの日差しの強さに早々に退散して路地を歩いていると
急に気分が悪くなってしまい、カフェのトイレに駆け込む私。

トイレだけ借りるわけにも行かないので一休みをして
また歩き始めるのだが、また気分が悪くなりカフェへ。

疲れがピークに達して体調不良となって出て来てるのか?撃沈

コーヒー好きの旦那様はコーヒーが飲めるからいいよと
慰めてくれるのだが、慣れない街でこういう状態は辛い。

こんな事を数回ほど繰り返して、やっとデパートの立ち並ぶ
オペラ座界隈まで戻って来てトイレの心配が解消され一安心。

時間に余裕があったので、オペラ座の中に潜入してみる事に。GO!



さすが世界のオペラ座、内装も重厚かつゴージャス。王冠



体調も回復して来たのでお土産にスーパーでエコバッグを入手し
せっかくなのでフランスのマックも体験しておこうと軽くランチ。

他の店が美味しいだけにフランスのマックはいまいちだったが。しょんぼり



電車の時間も近づいて来たので、ホテルに戻って荷物を引き取り北駅へ。
最後の最後に免税で口紅を一本だけ買って、EURO STARで帰路につく。

帰宅すると戦利品をテーブルに並べてお披露目大会。
文具に雑貨にピンチにキッチングッズにエコバッグ。





どれもカラフルで楽しくなっちゃう。ニコニコ

※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Holiday | 23:47 | comments(0)
back to page top
現実逃避のパリ旅 day3
あまりの体調不良に今回の目玉だったベルサイユ行きは諦めて
朝はゆっくり起きる事にしてこの日もパリの街を散策する事に。

目的地のサクレ・クール寺院の近くで腹ごしらえのブランチに
オニオンスープとスモークサーモンと昨晩も食べた鴨のソテー。



お腹も満たされたところでぼちぼちサクレ・クール寺院へ向かう。
白亜の姿が何とも美しくいろんな角度から撮影しながら丘の上へ。



食後という事もあって丘を登る途中でおなかの具合が悪くなって
冷や汗ものだったが登りきってトイレを発見すると一心地ついた。

モンマルトルの丘の上からはパリの街並が一望出来るし
サクレ・クール寺院の中から切り取った景色もいい感じ。ラッキー



丘の上からは私好みの細い階段が続く。
私の心のオアシスの公衆トイレもある。たらーっ



パリの景色と寺院をたっぷり堪能し丘を降りると
最後にもう一度、印象的な寺院を振り返って見て
それから映画で見たMoulin Rougeへ行ってみる。

映画の通りキャバレーなので中に入るのは諦めて
風車の付いた特徴的な外観を楽しんで次の場所へ。



地下鉄に乗って移動して地上へ出ると凱旋門のすぐ側で
まずは近くのカフェで午後のおやつに巨大なプディング。モグモグ



相変わらず微熱で意識が朦朧とした状態だが
凱旋門を登ろうとすると階段しかないとの事。唖然



しかも螺旋階段。撃沈



意識朦朧のついでに目も回してしまおうではないか!
と、開き直り気味で49.5mの門の頂上まで登りきる。グー



凱旋門から見下ろす景色もなかなか格別なものだった。
新凱旋門シャンゼリゼ通りエッフェル塔も見える。



門の上からの景色は素晴らしいものだったのだが
秋風に吹かれ続けて微熱の頭が更にガンガンする。ムニョムニョ

パリの街角でよく見かける住所を示すプレートは
何だかレトロな色合いでノスタルジックな印象だが
だんだん街歩きも楽しめないほどに頭痛がして来て
さすがの私もここらで体力の限界でギブアップ。悲しい

早い時間にホテルに戻って少し休んで
復活したとこで今度こそ室内チェック。



ちょっと足を伸ばしてポッシュなレストランでディナー。
最後の夜はキール・ロワイヤルでも飲んでみようかしら。

前菜は連日食べ続けているオニオンスープとフォアグラ。
相変わらず気に入ったメニューを食べ続けてしまう私達。



そしてサーモンのクリーム煮とラタトゥイユと舌平目のムニエル。



さすがにお腹がいっぱいになって残してしまったけど
他と違わずこのレストランもハズレなく美味しかった。モグモグ

※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Holiday | 23:40 | comments(0)
back to page top
現実逃避のパリ旅 day2
昨日のというかここ数日の疲れをたっぷり眠って解消し
近くのカフェでパニーニとホットチョコレートで朝ご飯。パン



4年前のパリ旅行では行きそびれてしまって無念だったので
今度こそはと工事現場の様な外観のポンピドゥ・センターへ。



あいにくの雨だが昨日と同じく遠くにサクレクール寺院が見える。
アイコンも洒落たポンピドゥ・センター内では現代アートを満喫。



さてどこに行こうかと考えながら1区のシテ島まで移動して
橋を渡り昔の牢獄であったというコンシェルジェリーへ行き
独房の中のマリー・アントワネットの蝋人形の後ろ姿を見る。



共通券があるので、サント・シャペルのステンドグラスを見て。





って、気が付けば4年前と同じルートを辿っているだけの私達。
もっと開拓したいが何しろパワー不足で街歩きで精一杯な感じ。困惑

植物的で素敵な街角のメトロのデザインとフォント。
味わい深いくすんだ色とシェイプが何度見てもいい。ラブラブ



入り口からしてたくさんの植物が生い茂る花市の中は
ガーデニングの為の商品が所狭しとぶら下がっていて
いろんな種類の多肉植物もあって何とも楽しい空間だ。ラッキー





ガーデニンググッズを物色し様々な植物を愛でた後は
4年前の旅をなぞる様にノートルダム寺院へと向かう。



もちろん寺院内のステンドグラスも楽しんでと。グッド




古めかしい寺院の中でもさりげなく
アイコンのチェックは欠かさずに。


雨足が強くなって来たので近くのカフェでランチでも。
バナナとヌテラのコンビネーションが絶妙のクレープ。
カフェの中にはノートルダムのせむし男の置物もある。



お腹も満たされて雨も止んできたところで
セーヌ川と街並を楽しみながら駅まで歩く。



パリの地下鉄はいい意味でレトロな風合いが情緒深い。ニコニコ



サンジェルマン・デ・プレ駅で降りて小雨の降る中
目当ての雑貨屋さんを探し求めて歩いていたのだが
地図通りに歩いてるはずなのに一向に見つからない。

4年前の思い出話をしながら歩いていると、ふと思いついて
というかなんとなく思い出したので、前回に偶然立ち寄った
旦那様絶賛の美味しいエスプレッソを出すカフェを探し当て
運命を感じて『行かねば!』と行ってみたら大繁盛していた。

やはりこの美味しさはパリッ子にも評判なんだろうな。
って、私はコーヒー飲めないから分かんないんだけど。ホットコーヒー



歩き疲れて一旦ホテルに戻り、一休みして室内チェック。
華美ではないもののバスタブもあり、シンプルなお部屋。

って、ベッドメイキングを崩してしまったので
今日のところはバスルームのショットだけだが。汗



今夜はホテルのすぐ近くのレストランでディナー。
前菜にサーモンのサラダとフォアグラをオーダー。



メインは牛肉のタルタルステーキと鴨肉のソテー。
ふらっと入った店なんだけど美味しくてアタリだ。ディナー



※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Holiday | 23:33 | comments(0)
back to page top
現実逃避のパリ旅 day1
出発前にSt.Pancras駅の寒いカフェで一夜を明かしたもんだから
元々数日前から風邪気味だったのが悪化して旅行初日から体調不良。撃沈

寒いわ眠いわだるいわで悲惨な幕開けになったのだが
早朝にロンドンを出発し午前中にはパリの北駅に到着。

ひとまず地下鉄でホテルの近くまで移動し
通りのカフェで軽くブランチするつもりが
どれも美味し過ぎてガッツリ食べてしまう。
さすが美食の国フランスな美味しさである。

どんなに体調が悪くとも食欲だけは落ちない私。食事

食欲が満たされてホテルにチェックインし荷物を置き
一休みしてデパート街へショッピングに繰り出す事に。

地下鉄に乗る距離でもないので散歩がてら歩くと
遠くの丘の上に白亜のサクレクール寺院がチラリ。

ふらりと入ったお店の中には色とりどりの香辛料やお菓子や
珍しい野菜なんかが並んでいて、見ているだけで楽しくなる。ラッキー



体調不良とか言いながらもやはり買獣は健在で
カラフルなキッチングッズや雑貨等を買い漁る。


暗くなって来た事だし、散々歩き回って疲れて来たので
名残惜しいが本日のところはそろそろ退散する事に。



今夜はデパ地下で中華デリと甘いモノを買って来て
ホテルに持ち帰って明日の計画を話しながら晩ご飯。ディナー



※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Holiday | 23:12 | comments(0)
back to page top
週末の近所を満喫
梱包作業の息抜きとランチを兼ねて、Borough Marketへ行って来た。プシュー



ここのバターのストールではよく買物したっけな。



とか言いつつ、つまみ食いをしてBorough Marketを後にして
Southwark Cathedralの横を通って細い石畳の路地を抜けて
テムズ川の畔に出て老舗のAnchorでFish&Chipsでランチ。魚





川辺でBeerを飲んでいると向かいにSt Paul's Cathedralが見えたので
せっかくなのでMillennium Bridgeを超えてちょいと行ってみる事に。ビール



途中で結婚式の馬車に遭遇したり、黒い電話ボックスを発見したりして
ただでさえ道草食って教会に入ったのにグッズ売り場でまた寄り道して
結局、時間切れで目当ての本堂に入る事が出来なかった間抜けな私達。たらーっ



それでも教会の周りの花と緑と美しい外観を堪能して帰路に着く。





夜になるとライトアップされる短いトンネルを抜けて
緑の溢れるNelson Squareを横切ったら我が家に到着。家





※ 思い出日記として当時の記録を元に後から更新
juli | Special | 23:06 | comments(0)
back to page top